子供のサッカーのスパイク選びのこだわり、3つのこと。

2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s

我が家の3兄弟は全員サッカーをしています。

今までスパイクを何足買ったかわかりません。

そんな経験から、子供のサッカー用スパイクを選ぶうえでの我が家のこだわりポイントを3点お伝えします。

足に合っているものを買う

当然と言えば当然なのですが、必ずサッカーソックスを履いた上で両足とも試着して足にぴったりくるものを買いましょう。

何足か試着すると、子供のいい反応がすぐに帰ってくる一足が見つかります。履いた瞬間に「あ、これいいわ!これにする!」と。そういう反応が返ってくるシューズに出会うまでは買わない方が賢明です。結局履かないことになり、もったいないことになります。

日本人の足の特徴は幅広・甲高と言われています。うちの子たちも、その通りで、幅広のシューズが好きです。アシックスやミズノは幅広でクッションもいいので、成長期の子供の足にはおすすめです。

お気に入りを買う

サッカーをする上で子供たちに身につけてほしいことの一つが、道具を大切にするという習慣。自分のスパイクのお手入れもその一つです。

でも、練習後や試合後の疲れているときに、お手入れをする気にならずそのまま放置がしばしば。汚いまま次も履くという、なんともかわいそうなスパイクたちです。

ある日、長男が友達の影響でカンガルー革のスパイクを欲しがりました。私は日頃スパイクのお手入れをしない長男を見てきたので、お手入れの大変な天然革のスパイクなんて手に負えないと思い、猛反対しました。ですが、今度こそ絶対にちゃんとお手入れをするから!と言うので、その言葉を信じて初めてのカンガルー革のスパイクを買いました。その時に、一緒にブラシとワックスも購入して、店員のお兄さんにお手入れの仕方をレクチャーしてもらいました。

それからというもの、長男はどんなに疲れていてもそのスパイクのお手入れは欠かさずして、大切に大切にしています。少しでも雨が降りそうなときは、別のスパイクを履いて行って、少しでも長持ちするよう考えるようにもなりました。

少々高くても子供が気に入ったものを買うことが、お手入れの習慣をつけ、長持ちするようになり、結果的にはお得だと思います。

子供に半額負担させる

我が家では、誕生日の時以外は、スパイク代の半額を自分で負担させます。子供は、お年玉・誕生日祝いやお小遣いをためておいたものから払います。

その理由は、自分のお金を出さないといけないとなると、ほんとにこれだけの金額をだしてもこのスパイクが欲しいのかを考えるからです。コスパを考えるきっかけになります。そして、自分でお金を出して買ったスパイクは大切に扱います。

数カ月に一度、スパイクを買うことを通して、物の価値やお金のことを学ばせています。

おまけ。スパイクが臭わない!お手入れ法をご紹介。

スパイクはいつも汗と泥にまみれた劣悪な環境にあります。

汚れているスパイクを見ると、ついつい上靴などと同じように水でジャブジャブと洗ってしまいがちですが、水洗いは禁物です。

サッカーシューズはその材質と形状から、中を完全に乾かすことは難しいです。完全に乾かないまま履いてしまうと、臭いの元となる菌が発生し、とてつもなく強烈な臭いを発します。一度臭ってしまうと、経験上、臭いを完全になくすのは無理だと思います。

〈お手入れの手順〉

  1. スパイクの裏側についた泥を固めのブラシで落とします。
  2. スパイクの表面についた泥を乾いた柔らかいブラシで落とします。
  3. 乾いた布もしくは少し湿らせた布で表面の汚れをふき取ります。
  4. 天然皮革のスパイクの場合は、透明のワックスを表面にぬり、乾いたタオルで丁寧にふき取ります。
  5. 中側は濡らさずに、消臭スプレーをして風通しのいいところに陰干ししておく。(中敷きが取れる場合は取っておく)

これを毎回しておくと気持ちよくスパイクが履けますよ。

ただし、雨の中で使用したときは、ジャブジャブ洗うしかありません。使用後、できるだけ早く洗って、中側の水分をタオルか新聞紙でしっかりと取って、風通しのいいところに完全に乾くまで干しておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする