教育効果あり!家族でかるた遊びをしよう!

家族でかるたをしました。
ここで言うかるたは、いま巷で流行っている百人一首ではなく、絵かるたのこと。
ひらがなを覚えた三男が学校で「ノンタンかるた」借りてきました。

小さいときから親しんできた
ノンタンシリーズの本の名台詞が使われているので
「これ、知ってる!」と喜ぶ子供たち。

あと、やたらと「おねしょ」が文中にでてくるので
子供たちが大はしゃぎ。
子供ってそういうネタが好きですよね!

最初、私と次男と三男で遊んでいたのですが、
その盛り上がりように、テスト勉強をしていた長男も参戦。
3人の息子と私で、久々のかるたで大盛り上がりでした。

かるたってホント久しぶりでしたが、
今回、改めて「かるたってええやん!」と見直しました。

かるたのいいところ

ひらがなや言葉の勉強になる、知育玩具であること。
まだひらがなの読みがつたない三男も読み手を担当して
ひらがなを読む訓練になりました。

集中力がつく。
読み手の声を聞く→多くの札の中から一枚の札を探す→札をとる
これって結構集中力が必要ですよね。
子供たちも普段ではあまり見ないくらいの集中力で札をじっと見ていました。

誰もが気軽に参加できる簡単なルールであること。
ひらがなを読めれば少人数でも大人数でも楽しめます。
また、年齢に関係なく遊べます。

とにかく盛り上がる!
大人も子供もエキサイトする。

子供たちが工夫しながら遊ぶ。
例えば、まだひらがなを覚えたばかりの三男に特別ルールを設けました。
三男以外は、かるたを読み終えたら目をあけて探してもいいことにしよ!
というように、臨機応変に、平等に遊べるように子供たち自身が考えていました。

私が気になるかるた

ずばり、「修三かるた」
松岡修造の「修三カレンダー」に続くポジティブ名言集がつまったかるた。

これで遊べば、きっと修三流の熱血ポジティブシンキングが身につくはず!
修造かるた! [CD付き] ([かるた])

子供にさせてみたいかるた

ことわざかるた・慣用句かるた・四字熟語かるた
勉強は楽しんでできれば身に付きやすいですよね。
かるたを使って子供が楽しんで自然と覚えてくれるのが一番です。
シンプルなものから、キャラクターなものまで好みのものが選べそう。
ちびまる子ちゃんのことわざかるた (満点ゲットシリーズ)

algo(かるたじゃなくカードゲームだけど)
頭がよくなるゲームで、amazonすうじ・計算部門のベストセラー1位!
相手のカードの数字を当てるゲーム。
遊びながら思考力・集中力・記憶力がみるみる向上する、大人と子どもが対等にプレーできる推理カードゲーム。
う~ん、気になる~
アルゴ エンブレイン知育パズルシリーズ ([パズル])

まとめ

今までなぜしてこなかったんだろう、と思うくらい
勉強になり、盛り上がれるかるた。

親やおじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントとしても最適♪

「もう1回やろ!」と子供がせがむこと間違いなし!

週末の晩、家族が揃う時間に楽しんでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする